RSS
苔玉の作り方



  これであなたも苔玉作家!?苔玉の簡単な作り方をご紹介します。

■用意するもの 

  ● 材 料 ●
  <苔玉の土>ケト土5、富士砂1.5 赤玉土3.5 くん炭5% 緩行性肥料少量
       (この5種類を少しずつ水を入れながらよく混ぜ団子状にします) 
        園芸店やホームセンターなどで販売されています。

  <お好きな植物>乾燥を好む植物や植え替えを嫌うデリケートな植物は避けましょう
  <苔(こけ)>ハイゴケやシノブゴケがおすすめです

  ● 道 具 ●
  <手袋、トレイ、お箸、新聞紙(汚れないように敷く)、水、糸、はさみ>

                                                             苔玉の材料


コケ玉の作り方
まずは上記の材料を混ぜながら少しずつ水を加えていき、
赤玉土が全てつぶれるくらいまで混ぜます。
均等に混ざったら、さらにテリ(ぴかぴかした感じ)がでるまでよく練ります。

お好みの大きさの団子を作りましょう。

コケ玉
コケ玉の作り方
苔玉に植える植物についている土を手でやさしく落としてください。
硬かったりなかなか落ちないときは水にすこしひたして軽く落としてください。
無理に全部落とす必要もありません。

コケダマの作り方
コケ玉の作り方
きれいな丸い形もよし、涙型でもよし、あなた好みの形で作ってください。
四角でも三角もありです


コケ玉
コケ玉の作り方
購入した苔(こけ)もしくは道端などにはえている苔(こけ)を貼りやすいように水で湿らせます>

コケ玉の作り方
団子の周りに苔(こけ)を貼り付けてください。
ハイゴケなどはシート状になっていることが多いので平らなところに広げて、苔で団子を包むようにするとうまくいきます。
団子の土がみえないくらい苔をつけたらはがれないように糸を巻きつけてください。ぐるぐる巻きます。
しっかり巻きつけた後、糸を結んでください
糸は綿100%のものを使用すると自然に無くなくなるのでオススメです。
透明の釣り糸は目立たず、しっかり巻けるのでこれもおすすめです。

糸の巻き方
コケ玉の作り方
できた苔玉を水に約5分浸けて、しみこませたら、しっかり水を切る。
作ってから3日間は風の当たらない
温度変化の少ない場所(日のあたる室内など)で管理していてください。

苔玉の巻き方
 
苔玉(こけだま)は上記以外にも色々な作り方があります。まだまだ歴史が浅く
このやり方が王道という決まりごともないのです。苔(こけ)は丈夫ですので、上に植える植物も丈夫なものを選ばれると長い間楽しめます。いろいろな苔や植物で試すのもおもしろいですね。
街に出ると色々な苔(こけ)・植物を探すのもたのしいですよ!

苔と土、糸がキットになって販売中!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓