盆栽について和草にいただく質問についてまとめました。
こちら以外にもご質問があればお気軽にお寄せ下さい。

Q1.サイズの大きな盆栽と小さな盆栽ではどちらの方が育てやすいですか?小さいほうが手軽で育てやすそうですが・・・

A1.どちらが簡単ということはないですが、小さい鉢ほど土が少ないため、水切れをおこしやすくなります。乾きやすい夏場などは小さな鉢は水切れに注意が必要です。

Q2.年末年始の帰省や出張などで数日留守にするのですが、水やりや置き場所などどうしたらよいですか?

A2.鉢を、濡らしたタオルなどで包み、さらにビニール袋で覆います。屋外の日陰に置いてください。冬場は室内の日が当らない場所で。
または、トレイなどに水をはり鉢の1/3が水につかるようにする方法もあります。いずれも3〜4日限度に。

  Q3.盆栽はどれくらい楽しめますか?

A3.お手入れをしていけば何年も何十年も楽しめます。
大きさや種類にもよりますが約2年に1回植え替えをしましょう。(植え替えのタイミングは「育て方のしおり」に記載しています)

 

Q4.室内で育てたいのですが

A4.基本的に盆栽は屋外で育てます。健康的に育ち、形も締まります。室内で鑑賞するのは、週に2〜3日を限度に。その際は風通しよいお部屋に置き、エアコンなどの風が直接当たらないようにしましょう。留守にする際は屋外へ出すのも忘れずに。

  Q5.盆栽を育てるにあたって、ジョーロやキリフキ、ハサミ、ピンセットなどの道具は必要ですか?

A5.ハサミは枝や葉を切ったりする際に使います。よく切れるものが一つあるとよいです。
そのほかの道具について、キリフキは苔(こけ)を湿らせたり、植物の葉にかけ(葉水)湿度を保つこともできます。あれば便利ですが、絶対必要なわけではないので、少しずつ揃えて行くのでもよいと思います。
お手入れグッズはこちら

  Q6.盆栽ってどのくらいの大きさまで成長するんですか?

A6.根の生長に応じて、枝葉も伸びます。しかし、小さい鉢で育てる盆栽は、根が鉢の中でいっぱいになると生長がゆるくなります。そのまま放っておくと、ある程度で生長はとまります。

その先は根詰まりの為、盆栽が傷みますので、そうなる前に植え替えをします。
その際、もっと大きく成長させたいのなら、一回り大きな鉢に植え替えます。
盆栽の場合、あまり大きくするという概念がないので、鉢から取り出し伸びた根を切って整理してから、同じ鉢(または同じくらいのサイズの鉢)に新しい鉢で植えなおします。

  Q7.友人に盆栽を贈りたいです。また盆栽は発送していただけますか?

A7.はい、受け付けております。ラッピング・メッセージカードも無料で承っております。発送も全国可能です。
詳しくはこちらをクリック

  Q8.半日陰(半日陰)・明るい日陰ってどういうことですか?

A8.1日のうち、2〜3時間直接日が当たる、または1日中木漏れ日のような弱い光(新聞が読める程度)が差すレベルです。 

go page top